看護師の仕事は一期一会

看護師をしていて一番思うのは患者さんとの出会いは本当に一期一会だなと思います。

この間妊婦さんの担当になったのです。わずか3日間ですがすごく仲良くなれたと思います。彼女は看護師としての私を頼っていろいろな相談をしてくれました。私も自分の感情だけではなくてきちんと看護師目線で答えれるところは答えました。

しかし話しているうちに私のほうもこの人と仲良くなりたいという気持ちが芽生えました。看護師をしているとこう思うことはよくあります。実際にここから仲良くなることは基本的にダメなのでないのですがすごく残念です。

例えば趣味が合う患者さんに出会ったり、たくさん話してくれて仲良くなった患者さんでも決してそこからなかよくなることはいけないのです。

今の時代ならではなので連絡先交換などは言わなければ周りにばれませんし、しようと思えばお互いが内緒にしていればできることですがそれをしないのは当たり前のルールみたいになっています。

ですので今回もすごく残念でした。その妊婦さんは緊急入院だったのですがまだ生まれないですし、本人がすごく退院を望んでいたのでわずか2日間で退院となったのですが私にいろいろな話を打ち明けてくれて担当が私で良かったと言ってくれました。

もともと彼女は別の病院の患者さんなのでもう会うことはないのですごく寂しいです。無事に赤ちゃんが生まれたかも気になりますし、彼女が元気なのかも気になります。

しかし連絡を取るすべもないですし、わざわざこんな遠い病院まで彼女が来ることはないと思うのでもう二度と会うことはないのかもしれませんが素敵な出会いをしたな。と思います。

しかしやはり今の時代には珍しい一期一会だと思います、毎日一期一会がある看護師は仕事としても人としてもすごく成長できる仕事だと改めて思いました。

これからも気持ちを入れ替えて仕事に取り組んでいこうと思いました。いつかその患者さんにも会えればいいなと思います。

このページの先頭へ