自分に合う看護師の転職先 総合病院

看護師

看護の職場で総合病院があります。 総合病院で勤務したことがある方も無い方も、 自分が総合病院で働く事をどのように感じているでしょうか。

総合病院のメリットとして挙げられることは、何と言っても 幅広い看護が経験できるといったことでしょう。 研修や教育体制が整っており、認定看護師の資格取得。 主任や師長といった管理職への高い目標を目指すことができます。

メリットがあればデメリットももちろんあるでしょう。 メリットやデメリットは各個人により違いますので、 様々な事柄を考えてみましょう。

総合病院での勤務をお勧めしたい方は、比較的看護経験が浅い方。 研修や教育体制が整っているため、看護経験の浅い方には 様々なことが学べ、大変良い環境と言えるでしょう。

どの分野が自分に合うのか分からない方にも総合病院はお勧めです。 多くの診療科があるため、自分にあった分野を 見つけることができますよ。

また、スキルの高い看護師の方は、さらに上の管理職や 認定看護師も目指すことが可能です。 総合病院はどのような経験の方にも、より自分を高める仕事を する事ができる環境だと言えるでしょう。

しかし、総合病院は自分に合わないと言う方がいるのも実情です。総合病院が合わずに辞めてしまう人はなぜでしょう。

総合病院では興味のある専門分野を見つけることができます。 しかし、逆にそれが原因で退職することもあるようで、 希望の分野での勤務ができないといったことが理由のようです。

希望分野での専門的なスキルを学びたいといった理由で、 総合病院でなく専門病院を好む看護師も多いようです。

そして勤務形態も大きく影響してきます。 各病院により人員補填等の差はありますが、 総合病院は比較的残業が多くあるようで、 残業を少なくしたいといった理由も挙げられます。

じっくりゆっくり看護がしたいといった方も 総合病院はあわないようです。 看護業務を続けるにつれ、患者さんとじっくり向き合いたい という看護師の方も多くなってきています。

総合病院では毎日患者が入れ替わるため、 納得いく看護ができないと感じ、療養型や慢性期を扱っている 病院などを希望する場合があるようです。

様々な面から総合病院について考えてみました。 総合病院での勤務を考えるときはなどは、 このような事柄を考えてみると良いでしょう。

自分に合う看護師の転職先 地域密着型病院

地域密着型病院とは、入院施設はあるものの200床未満と 入院設備は比較的小さく、急性期患者などの対応をする大学病院 などとは全く違い、地域や施設と親密に連携し、よりよい環境の 中で患者やその家族の生活の質を向上することを役割としています。

地域密着型病院は慢性期患者が多いため、 何度も入退院をする方も多くいます。 そういった方々をケアしていく大切な看護の仕事です。

転職や将来を考える際、地域密着型病院を考える事もあると 思います。地域密着型病院で働くことが合う看護師はどんな タイプの方でしょう。

地域密着型病院をお勧めできるタイプの方は、 看護の仕組みを一貫して学びたい方にお勧めできると思います。

入院時の患者の状態だけでなく、退院後の施設や自宅での状態、 また施設や自宅との連携をとりながら、 じっくりと患者を看護することができます。

患者さんとのかかわりが大変多くなりますので、 より信頼関係が築けます。また、入退院のサイクルが長いため 総合病院のような急な残業が比較的少ないと言われています。

では逆に、地域密着型病院が合わない方はどんなタイプでしょう。 どの病院にもいい所、悪いところはありますが、地域密着型病院の 場合、大学病院などに比べるとやはり最先端の医療を 学ぶ機会が少なくなるでしょう。

大規模な病院では最先端医療などに力を入れていますが、 地域との連携をメインに行っている地域密着型病院では 何年も前の医療器具の場合が少なくありません。

なかには病院の方針が10年以上前と同じというころもありますので、 最新の医療を学びたい場合はやはり大規模な大学病院などが 良いでしょう。

また、一人の患者をより深く理解するために看護業務以外の ことも行います。大学病院では看護助手が行っているような 作業も看護師が行う場合があるので、看護業務に専念したいという 場合はお勧めできません。

地域密着型病院ではやはり、その地域の看護師さんが多く 勤務しています。何十年も勤務している場合もあるため、 人間関係も色濃くなっているでしょう。

アットホームな職場を好む方には良いですが、 そうでない方は注意が必要です。

このように、地域密着型病院も良い面、悪い面様々です。 転職やスキルアップの際には、様々な面を考慮してみてください。

自分に合う看護師の転職先 民間急性期病院

急性期を取り扱う病院の中には民間の病院もあります。 地域密着型の病院の入院設備よりは大きいのですが、 大学病院などとも違います。

民間急性期病院で働くに当たり、どのようなことを 考えるべきでしょうか。  いい面、悪い面を見ていきたいと思います。

民間急性期病院で働くには、やはり急性期の医療に携わりたい という気持ちが大切です。様々な科の知識が必要になりますので、 ご自信のスキルアップにも繋がります。

急性期医療では、勤務形態の融通が利かないことが多くあります。 結婚後や出産後の看護師さんなどは、夜勤や休日の希望を 聞いてくれる病院がよいですね。民間の急性期病院なら、 大規模病院よりも比較的勤務形態の相談に乗ってくれるところが 多いでしょう。

さらに、民間のため部署の移動願いも希望がかなう場合が 多いようです。緊急医療を学びながら将来へのスキルアップを 目指すのも良いですね。

反対に民間急性期病院が合わない一番大きな要因は、 家庭との両立が難しいといったことでしょう。 家庭や子育てをしている看護師さんは、どうしても時間的に 両立が難しくなりますね。

また、夜勤や残業があるのも耐えられなくなる理由の一つです。 パートや非常勤などの雇用が多いのも民間ならでは。 そんな人員が減ってしまったときに、夜勤の日にちが急に増えたり 残業が多くなったりすることがあります。

そして民間特有のことですが、医師の退職による業務内容の変化が あげられます。大学病院などでは退職する専門医がいたとしても、 すぐに次の医師が変わりを勤めます。

しかし民間の場合は難しいところで、たとえ次の医師がきたと しても今まで行ってきた治療をしなかったり、診療科目が 減ったりするため不満が多く現れます。

同じ急性期でも大規模病院と民間の病院ではかなり形態が違います。 ただ漠然と条件の良い病院へ転職しようと考えている場合は、 すこしいろんな方面から看護の仕方を考えると良いでしょう。

このページの先頭へ